外壁塗装をする目的

外壁塗装をする目的

建物のリフォームやリノベーション工事では、外壁塗装を行うことがあります。紫外線や雨風から家の中を守る外装はとても丈夫に作られているので、わざわざ外壁塗装をする必要はないのでは?と思っている方も多いことでしょう。 外壁塗装を行うのには、様々な理由があります。

建物を保護する

外壁は毎日紫外線を浴び、天気が悪いと雨風にさらされます。そんな状況では、いくら丈夫な素材を使っていても月日が経つにつれて劣化します。外壁が劣化するとひび割れができ、そこから雨水が侵入して内部まで傷んでしまいます。 そうなると建物全体の耐久性が落ちるため、高い費用をかけて修繕しなければなりません。いつまでも安全に暮らせる家を維持するためには、定期的な外壁塗装が必要なのです。

環境に対応する

外壁が劣化する周期や汚れ方は、建物がある場所の環境によって異なります。目の前に交通量の多い道路がある建物は、排気ガスの影響で黒い汚れが付着したり、海岸沿いにある建物は塩害によって通常よりも劣化するスピードが速かったりします。その場所特有の環境に対応するためにも、外壁塗装が役に立ちます。

外観の美しさを保つ

外観の美しさを保つ

お店のイメージは店舗の外観でほぼ決まります。新しくオープンしたお店の場合、外観が良ければ新規のお客様をたくさん呼びこむことができると考えられます。逆に、古くて清潔感のない外観のお店は「入店したい」という気持ちになれません。より多くのお客様に来店してもらうためには、清潔感のある美しい外観を保つことが大切になってきます。 外壁塗装を行えば劣化した外壁を美しい状態に戻すだけでなく、以前とは違うデザインに変更することもできます。 外壁塗装で家の色を変えて気分転換をしたり、お店のリニューアルオープンに合わせて塗装のデザインを変えたりと、フレッシュな気分で毎日を過ごせると思います。

弊社では、北名古屋市を中心にリノベーション事業を行っています。過去の事例として、店舗の改装工事や一般住宅のバリアフリー工事を行ってきました。 愛知県内や岐阜県でリノベーション工事を検討されている方は、弊社へお問い合わせ下さい。工事内容や見積もりなど、どのような質問でもお気軽にご相談下さい。