バリアフリー工事が重要視される箇所とは

バリアフリー工事が重要視される箇所とは

高齢者や身体障害者が安全に暮らすためには、バリアフリー工事が必要です。高齢者の人口が増え、家のバリアフリー工事を検討されている方も多いのではないでしょうか? そこで、一般家庭におけるバリアフリー工事が重要視される箇所をご紹介します。

玄関

日本では、玄関ドアの前に段差を設けている家が多いです。たった一段の段差であっても、高齢者や身体障害者にとっては障壁になってしまいます。 段差の部分にスロープを作ることで、車いすや歩行器を使っている方でも安全に出入りすることができます。また、玄関の床に使用する床を滑りにくい素材にしたり、靴の脱ぎ履きや室内への出入りを楽にするために手すりを設置したり、玄関だけで色々なパターンのバリアフリー工事があります。

浴室

浴室は意外と危険な箇所が多く、家庭内事故が多発しています。特に多い事故の例として、濡れた床で転倒する事故や、浴槽に入っている最中に身体が滑って溺れるといった事故があります。浴室では水をたくさん使うのでヌメリや水アカが付着しやすく、健康な人でも転倒することがあります。 濡れてもすぐに乾き、滑りにくい床材に変えると転倒事故防止につながります。浴槽での事故は、滑り止め付きの浴槽や浅い浴槽に変えるという方法で防ぐことができます。

トイレ

トイレ

バリアフリー化されていないトイレの場合、高齢者や身体障害者は誰かのサポートを受けながらトイレを使用するケースが多いです。バリアフリー工事を実施してトイレを自立して行うことができれば、QOLの向上につながります。 和式トイレを洋式トイレにする、便座の横に手すりを設置する、トイレのスペースを広くする、といった工事で使いやすさがかなりアップします。

介護保険の補助金や自治体の助成金を利用すると、手頃な費用でバリアフリー工事が行えます。北名古屋市でバリアフリー工事をするなら、弊社へお任せ下さい。費用のお見積もりや工事の内容など、ご質問があればお気軽にお問い合わせ下さい。