居抜き物件で開業しよう

新規開店する際に、居抜き物件に注目する方が増えています。
そこで、居抜き物件とはどのようなものなのかを紹介します。

居抜き物件とは

居抜き物件とは

居抜き物件とは内装、厨房、天井、床など前のテナントで使用されていたものが、そのまま残っている物件のことをいいます。

居抜き物件の状態は様々で、ほとんどのものが残っている物件があれば、内装の一部だけしか残っていない物件もあります。

居抜き物件のメリット

・出店資金を抑えられる

最もコストがかかるとされる水回りの設備、吸排気設備などを再利用することができるので、出店の際にかかる初期費用を抑えることができます。

・開店までの期間を短くできる

店舗物件の内装工事を一部変更したり、足りない設備を追加したりする店舗改修ですと、工事期間を短縮できます。営業していない工事期間でも家賃は発生しています。店舗改修期間を短縮できると短期間で店舗の開店が可能となり、収入を増やすことができるでしょう。

・様々な手間を省くことができる

厨房機器やテーブル、イスなど必要な設備を追加してそろえるだけなので、時間と手間を省くことができます。同じ業態の居抜き物件でしたら前の店舗のお客様を取り込めたりするので、宣伝する手間が省けることもあります。

居抜き物件の店舗改修でしたら、是非北名古屋市にある弊社にお任せ下さい。
店舗改修、外壁舗装、リフォームなどを丁寧な施工で行います。

一般住宅から店舗まで様々な工事を承っておりますので、費用のこと、工事内容ことなど気になることがございましたら、どんなことでもご相談下さい。名古屋だけでなく岐阜近辺のお客様からのお問い合わせもお待ちしております。