バリアフリー工事のメリット

二世帯住宅などでは、足腰が弱くなっている祖父や祖母が段差などでつまずいて怪我をしないか心配している方も多いのではないでしょうか。近年では高齢化社会が進んでいることもあり、バリアフリーの必要性が高まっています。こちらではバリアフリー工事のメリットについてご紹介いたしますので、ご家庭のバリアフリー工事をご検討中の方はぜひご覧ください。

怪我を防ぐことができる

怪我を防ぐことができる

冒頭でも触れましたが高齢者の方は足腰が弱くなっていることが多く、住宅の中でも怪我をしてしまうケースは少なくありません。そのため大怪我になってしまう前にバリアフリー工事をご検討される方は多いですが、その際に注目したいポイントがあります。

そのポイントとは、距離です。トイレなど距離が遠いところまで夜中の暗い中歩いていくと、怪我や体が冷えることによる体調不良を引き起こす可能性があります。

また、段差はちょっとつまずくだけでも大怪我になってしまう可能性があるため、バリアフリー工事をする際には、段差撤去の施工事例も多くあります。
合わせて手すりの設置をすると歩きやすい環境になり、転倒防止につながります。

補助金を利用することができる

バリアフリー工事をする際、条件によっては補助金を受けることができます。
支給の限度額などは決まっていますが、引っ越しをされる方などは再度この補助金を受けることができますので、バリアフリーの設置を検討している方は費用の負担を抑えるために、一度お住まいの自治体へ相談してみることをおすすめします。

弊社は名古屋市、北名古屋市を中心にリノベーション工事や店舗内装、デザイン設計などを行なっております。もし、名古屋市や北名古屋市でバリアフリー工事をご検討している方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にご相談ください。見積もりのご相談も可能ですので、お気軽にご連絡ください。