リノベーション工事を行う前に

リノベーション工事は改修を目的に部屋の間取りを変えたり、新しいシステムを取り入れたりする工事を指します。また、大規模な改修工事で中古住宅を蘇らせることで、空き家物件を減らして資源の浪費を抑えるというメリットもあります。そんなリノベーション工事ですが、工事を行う前に何点か行っておきたいことがあります。

完成イメージをしっかり持つ

完成イメージをしっかり持つ

リノベーション工事を行う前に、まず家の健康状態をチェックしましょう。屋根、外壁、窓、玄関、給湯機から建築基礎部分、マンホールまで、住居の健康状態を確認します。またクロス、床、階段、ドア、床下、設備、天井裏、天井壁、柱なども重要です。それからリノベーション工事で、どのような部屋にしたいのか完成イメージを決めます。

明るい部屋、南フランスや北欧のような部屋、自然素材を使用したカントリー調、オープンな雰囲気、カフェのような部屋、開放的なモダン調など様々なイメージがあげられます。
この完成イメージをもとに、間取りの変更ができるかも検討します。

改善リストを準備する

改善リストを準備する

せっかくリノベーション工事を行うのですから、住まいの問題点を改善できるか検討してはいかがでしょうか。

屋上にスペースを空けて収納を増やす、配管チェックを行いガスからオール電化に変える、湿気がこもるなら断熱材などを入れる、耐震性を上げて災害時の被害を減らすなど、改善したい部分を書き出してリスト化しておき、施工会社に相談してみましょう。

具体的な準備を

家づくりの楽しさを味わうことのできるリノベーション工事は、理想のデザインや間取りなどをデザインできる醍醐味があります。そのためにしっかりとした資金計画や業者選びが重要になります。具体的な費用を算出したり、地元の複数の施工店に見積もりを出したりするなど準備も必要になります。

弊社は愛知県の名古屋市や北名古屋市を中心に、リノベーション工事や店舗内装を行っています。一般住宅の改修工事やデザイン設計にも対応可能です。お気軽にご相談下さい。